【佐倉天然温泉 澄流(すみれ)】「おもちゃのように遊べる岩盤浴」だって?リニューアルオープン突撃取材!《岩盤浴編》アップしました!(´∀`)ノ ≫

【白須うどん】冷しのうどんが美味すぎてヤバかった!(笑)上質なダシ香る吉田うどんの名店(山梨県富士吉田市)

富士吉田の郷土料理「吉田のうどん」を巡る旅。

今回は極めて現代的な洗練されたセンスを感じるも老舗という、吉田のうどんを代表する一店「白須うどん」です。

お店の雰囲気

大繁盛で行列も珍しくないお店なので開店直後に突撃してみました!

手入れが行き届いたお花の咲き乱れるキレイで明るいお店。
愛嬌のある信楽たぬきのお出迎えの後に名店の風格漂う暖簾をくぐれば…

あぁ、スッキリと上質なダシ薫る店内。(*´ω`*)
もうこの時点で美味いお店、確定!
条件反射的にカラダが美味いもの食べられるぞモードに切り替わります(笑)

スッキリとキレイな店内。
ひときわ目を引く立派な神棚で店内全体がパワースポットになっているかのような清々しさ。

が、店内に満ちているのは神気ならぬダシの香り。
だって、うどん屋だもの。(*´艸`*)

吉田のうどん屋さんでやたら遭遇率が高い招きニャンコをはじめ、縁起物のオンパレード。
小綺麗な験担ぎ系のお店って美味しい率が高いような気がします。(特に日本食系ね)

カウンター席からはうどんを打っている様子も見えます。
当たり前だけど熟練オーラが半端ない感じ。

そして…写真じゃ分かりづらいかもですが茹で釜をかき混ぜる棒、二股に分かれた大きな…枝?流木?
さり気なくカッコいい!そして理に適ってる!
うどんを美味しく茹でる魔法の杖、みたいですな(*´艸`*)

メニュー

白須うどんのメニューは極めてシンプル。

「つけ」か「かけ」。
(つゆは両方とも温かいです)
「肉」の有り無し。
「並」か「小」。

これの組み合わせ。

ビッ!と締まったコシの強い冷たいが好きなら「つけ」で!
温か〜いうどんが好みなら「かけ」で!

好みとお腹具合に合わせて選ぶだけでバッチリ!

注文はカウンターにて口頭で。
回転がいいのですぐにその場で受け取って席に持ってく感じです。
わずかな待ち時間にセルフのお水汲んでおくとスムーズ。

お会計は食べ終わった後にセルフでお盆を下げる時に。
「ごちそうさま!めっちゃ美味しかったです〜!(*´∀`*)」
と、合わせて言えるいい流れ、ですね!(*^^*)

肉つけ 並(500円)

さて!
ビッ!と締まったコシの強いうどんが好みの私は迷わず「肉つけ」をオーダー。

おぉ!見るからに美味そうなうどん!(〃∇〃)
「並」とは言え、結構な量ですな。食べ切れるかなぁ…

そして汁のダシの香り…目の前に出てくると更に強く薫ります。
吉田の馬肉は汁に沈んでます。超シンプルで上質な「肉吸い」みたいな感じ。

さて、まずは麺だけで…
お、長いね〜

うん!しっかり噛みごたえがあるのに硬すぎない、絶妙なコシの強さとバランス!
素材選び、こね、ねかし、切り、茹で、締め…
全ての工程がこの瞬間のバランスを目指して集約している、といった感じ。
めっちゃ美味いな…この麺…

程よい噛みごたえと食感が次のひと口を誘い、芋づる式…もとい、長〜いうどん式に次から次へとずるずると…

…って気が付けば麺だけで半分近く食ってるし(^^ゞ(笑)
だって、美味しいんだもん。

…ってこれじゃつけ汁さんの立場が…
いや、つけ汁さんがそこにいるだけでダシの香りでひと役買ってるのかも?

いやいや、これじゃまるで「鰻屋の換気扇の下で白飯食ってます状態」だ。
ちゃんと汁も味わいますよ〜

…あぁ…汁を啜るとダシの香りと味が広がってやたら美味い(*´ω`*)
この状態でうどん単体を食べると…
あぁ、やっぱり。口の中で程よく調和。うどんがススム…

そして馬肉。
しっかりウマ味。
うどんのおかずになる感じ。

甘くてシャキシャキのキャベツを合間に挟むと程よくリセット。
うん、やっぱり合うよね。

あ、卓上の辛味。
…うん、味噌ベースか。単なる辛味じゃない。

これはうどんに絡めると…
ほら!やっぱり!
程よく味と香りが開いて…このうどんの噛みごたえと絶妙マッチ!
そして辛さが次のひと口を誘う無限連鎖に陥って…

はい!気が付いたら「つけうどん」を汁につけずに完食してしまいました。
(*ノω・*)テヘ
ほぼ白飯と味噌汁みたいな食べ方。
たぶん…いや、間違いなく悪い見本なうどんの食べ方。
だって、美味しいんだもん(笑)

はいはい、つけ汁さんの立場、ね。
ちゃんと途中でこうなるの見越して替え玉お願いしておきましたよ!
( ̄ー ̄)b

替え玉(200円)

替え玉…ほぼフルで1人前な量じゃんか!(笑)

これを皿に滑り込ませて…
はい!うどん復活〜!(≧∇≦)/

替え玉なのに熱〜いつけ汁まで!
(しかも肉もちゃんと入ってるし!)

これは熱いつけ汁で食ってくれ!という心意気ですね!
有り難く頂戴したしやす!

あぁ、啜った時のダシ感とつるつるもぐもぐうどんのハーモニー。
やっぱり美味し。つけうどん。(*´ω`*)

うどん単体喰い、ご飯と味噌汁喰い、馬肉おかず喰い、辛味絡め喰い、そしてシメのつけうどん喰い。

シンプルなつけうどんでこれだけの食べ方のバリエーションが楽しめるとは…
ひとつひとつのレベルが、そして合わせた時のバランスのレベルが高いからこそ、ですな。

余談ですがこの時はキャベツまでサービスして頂けました!(〃∇〃)
私、そんなに腹ペコに見えたのかな?(笑)
キャベツ効果で消化もバッチリ!

ご馳走さまでした!絶対また来ます!
(*´∀`)ノ

肉かけ 並(500円)

そして後日、食のスペシャリストな友人が推す「白須の肉かけ」を食べに再訪。

え?「つけうどん」が乗ってるって?
だって、前回美味しかったんだもん(笑)

まぁ今回は次にもう一軒控えてるんで替え玉はナシで大人しくしときます。
(かけうどんの感想は上に書いてあるので省略。安定の美味さでした!(*´∀`*))

噂通り溢れんばかりの…いや、すでに結構溢れてる汁。(笑)

これは…あぁ、なるほど。
啜る時に必然的に顔を近づけるとダシの香りが2倍づけ、3倍づけで引き立つ感じだな、コレ。

もちろん熱い汁が多いと冷めにくくする効果もアリ!
熱い時の方が風味が引き立つダシですからね、コレ!

基本のダシが美味いのはもちろん、それを更に引き出すための工夫を怠らずに重ねる…流石ですな!

温かいかけうどんは冷しとは打って変わって、優しくホッとする感じの味わい。
ハード過ぎず、しっかり食べてます感。
抜群のダシの香りと相まって、万人にオススメ出来る1杯。

で、卓上の「辛味」と「天かす」を徐々に足しつつ、吉田のうどんの「あの状態」に持ってく、か。
そうそう、肉感を汁に移すのに程よく温存しつつ…
あ、コントラストがだんだんと…
おぉ、上品だった表情が段々と別の顔を…
お!来た!吉田のアレだ!( ̄ー ̄)ニヤリ

なるほど!こういう楽しみ方もアリ、ですね!

レジ横販売

「ごちそうさまでした〜(*´∀`)」
と、お盆を下げに行くと名脇役の「お辛味」、売ってます。(200円)

食べた方は分かると思いますがここの「お辛味」唯一無二です。
私的にはすでにレギュラーの調味料入りしてたり。

出来れば徳用大入りでガッツリ欲しい感じだけど…
ま、無くなった頃にまた買いに(食べに)来ればいっか(笑)

参考情報

「白須うどん(しらすううどん)」の参考情報です!

公式情報

Instagram

shirasudon.fujiyoshida

お店の様子が伝わる写真がアップされてます。
…って、白須のうどんで焼きうどんとか…絶対ウマいだろうなぁ…(〃∇〃)

アクセス

国道139号バイパスの大通り沿いにあります。
が、正直全く目立たないのでナビが無いと素通り必至
(それでも行列大繁盛なんだから凄いよなぁ…)

目印として「うさぎのマークの西松屋の向かい」と覚えておけばバッチリ!

参考までにGoogleストリートビュー貼っておきますのでグリグリ回して見渡して下さいな。

駐車場

有り!

食べログ

「食べログ うどん EAST 百名店 2020 選出店」です!
うん。至極納得。( ´∀`)b

白須うどん (富士山/うどん)
★★★☆☆3.55 ■予算(昼):~¥999

この記事へのコメント