【佐倉天然温泉 澄流(すみれ)】「おもちゃのように遊べる岩盤浴」だって?リニューアルオープン突撃取材!《岩盤浴編》アップしました!(´∀`)ノ ≫

【Spa Resort 蘭々の湯(ららのゆ)】アトラクション感も楽しいスーパー銭湯!リアルな利用レポート!《基本情報&お風呂施設編》(千葉市稲毛区)

「Spa Resort 蘭々の湯(ららのゆ)」は千葉市稲毛区にあるスーパー銭湯な日帰り温泉施設です。

色んな趣向を凝らしたスーパー銭湯が続々と増えている昨今ですが、ここもキラリと光る個性があってなかなか楽しめる施設なんですよ。
(*^^*)

という事で今回も毎度のごとくリアルな利用者目線遠慮ナシ個人ブログ的な主観全開の温泉レポートです!
( ̄ー ̄)b

蘭々の湯の紹介記事は基本の入場料だけで楽しめる《基本情報&お風呂施設編》と、
追加オプションの《岩盤温熱&レストラン編》に分けてお届けします。

まずは《基本情報&お風呂施設編》
行ってみましょ〜(๑•̀ㅂ•́)و✧

「Spa Resort 蘭々の湯(スパリゾート ららのゆ)」の基本情報

まずは基本情報から。

とりあえず公式ページを見ればひと通り書いてありますので、当ブログではざっくり&利用者目線でのプチ補足な感じでサラッとまとめておきますね。

【公式ページ】Spa Resort 蘭々の湯(スパリゾート ららのゆ)

spa resort 蘭々の湯
千葉県千葉市稲毛区の大型スーパー銭湯です。多彩なお風呂と岩盤浴にエステ、ボディケア、天然温泉にロウリュウとゆっくり一日過ごして普段の疲れをリフレッシュ!! 営業時間9:00〜25:00 TEL 043-206-1126

アクセス

「蘭々の湯」の場所はコチラ!

ほぼ国道16号線沿い。
「スポーツセンター」交差点の信号を曲がればOK!

高速道路利用の場合は穴川IC千葉北IC、便利な方でオッケーな感じ。

駐車場無料

電車の最寄り駅は千葉都市モノレール「スポーツセンター駅」
駅から徒歩10分ぐらい。

営業時間

休館日:年中無休

入場9:00~25:00
最終入場 24:00
岩盤温熱9:00~24:00
最終受付 23:00

なかなか長めの営業時間。
あんまり気にせず好きな時に使えるのは便利ですよね♪

利用料金

入場料金(税込) 【2歳まで無料】
大人(中学生以上)小人(小学生以下)
平日800円400円
土・日・祝900円400円
回数券(10枚綴り)7,500円3,500円

タオルは別料金なので節約派の方は持参を。
(貸しタオル料金、公式ページにも書いてないけど…いくらだろ? 車載タオル持参だったので聞き忘れました…(^^ゞ)

入場料金だけでも温泉入浴と合わせてリクライニングチェアのある休憩室的なスペースも使えるので軽く仮眠も可能な感じです。

で、オプションで追加の岩盤浴エリア利用料金。

岩盤温熱料金(税込) 【3歳から利用可】
大人(中学生以上)小人(小学生以下)
平日600円400円
土・日・祝700円400円
回数券(10枚綴り)5,500円3,500円

こちらは岩盤浴着(館内着)&ジャンボタオル付き
着心地、なかなか良好♪(*´∀`*)

ロウリュウは?

ここの名物(?)のマッピング狼龍(ロウリュウ)は岩盤温熱エリアにあるので岩盤温熱料金が必要となります。

ちなみにお風呂内のサウナでもロウリュウ、やってます!
こちらは基本の入場料だけでOK!

と、なるとロウリュウ目当ての人は岩盤温熱エリアを付けるかどうか迷うところですが…

毎度、私の率直な感想だと

「のんびりするつもりなら付けなきゃ損!」

「とりあえず一度は体験してみる価値あり!」

な感じです!

詳しい様子は《岩盤温熱&レストラン編》にてご紹介しますので参考にして下さいね。

支払い方法

館内は自動販売機含め、リストバンドのタッチ決済。
(靴箱の鍵がそのまま精算用リストバンドに)
で、退館時にまとめて精算する方式です。

支払い方法は現金の他、クレジットカード各種OK!

コード決済はメルペイd払いに対応。
(「なぜその2種?」という気がしないでもない(笑)

お風呂施設

さて!
基本をおさえたところで…お風呂、行ってみましょう!

例によってお風呂内は私が写真を撮る訳にいかないので、イメージが伝わるように公式ページを参照しつつご紹介しますね!

【公式】蘭々の湯 お風呂施設

天然温泉露天風呂

いやぁ、公式画像はやっぱりキレイに撮れてますね(笑)
実際は夜はもっと薄暗い感じです。(まぁ趣のある薄暗さ、ね)

泉質は千葉県の平野部でお馴染み、湯冷めしづらい褐色しょっぱい温泉

ちなみに…私の苦手なテレビは音量ガンガンでかかってます。
( ´ー`)
(まぁテレビ好きな方には快適なのかもしれませんが…)

壺湯

入った時に溢れるお湯が何気に爽快!
独り占め「俺の湯」な壺湯は「陶壺湯」と「石壺湯」の種類があるようです。
(ま、あんま変わりませんけどねw)

炭酸泉

「CGかよ!」ってぐらいキラキラ シャキーン!に撮れてるのは内湯の炭酸泉。
(あの、入ってると身体中に泡が付いてくるやつね)

コチラ、毎月6の付く日(蘭々の日)などには炭酸濃度が2倍というサービスをやっている、とロウリュウのお兄さんが何度も何度も宣伝しておりました。

アトラクションバス

こちら、アトラクションバスなんて名前だったんですね。
(なんか大げさ(笑))

まぁフツーにジェットバスとマイクロバブルバスです。

白湯(電気風呂)

白湯…ってコチラもそんな名前が付いていたとは…
※白湯(さゆ)ね。私はどうしても鶏白湯(パイタン)を連想してしまうのですが…

まぁフツーにお湯です。
が、成人の日には大量の大根が浮かんでいたようです(謎w)
全然フツーじゃないですね(笑)

ちなみに電気風呂は端っこの方だけなので怖がらなくても大丈夫です。
(電気風呂、私も初体験の時はちょっぴり怖かった思い出が…w)

水風呂(ジャグジー)

暑〜いサウナの後に最高な水風呂はジャグジーになっています!
ありそうで意外と少ない(と言うか私は初見)。
サウナの後に一気にカラダが冷やせて…コレ、超アリ。
(・∀・)b

熱気風炉(高温サウナ)※ロウリュウあり!

いわゆるサウナです。
こちら、お兄さんが扇いでくれるロウリュウサービスあります!
(女湯ではお姉さんが扇いでくれるのかな…未知の世界…(*´ω`*))

スタジアムロウリュウという呼び方で通常3時間おきに1日5回開催!
男女で時間は別。開催時間近くになると館内アナウンスでお知らせがあります。

もちろん私も体験してみました!
正直、かなり、いや、無茶苦茶暑かったです!
(;´Д`)

というのも、まずこちらは岩盤浴の追加料金不要、つまり基本入浴料だけでロウリュウが体験出来るので参加者さんがかなり多い!
しかもお風呂だけ利用の時ってそこまで長居はしないので3時間おき開催だと1回やるかどうか、なので皆さん、ここぞとばかりに参加している印象です。

参加者が増える、となると…
そう、場所取り合戦が始まります!

一度、開始ちょい前に来たのですが既に満員で入れない状態
(しかも平日の比較的空いている日中の時間帯ですよ!)

で、今度こそ!…という事で開始10分ぐらい前に来て生身で陣取り(タオル等への変わり身の術は禁忌w)してる訳ですが…
もちろんその待ち時間も容赦なくサウナ
(そして音量ガンガンでかかってる苦手なテレビ(苦笑))

どんどんHP削られて…肝心のロウリュウが始まる頃にはもう瀕死のしゃがみ込み状態(笑)
そこへ来て強烈熱波の本格ロウリュウ!
さらに裸で肌の露出が多いもんだから暑いわ暑いわ…(;´Д`)

しかも満員御礼の参加者さんを一人ひとり丁寧に扇いでくれるサービス充実っぷり!
ゆえに長時間たっぷり。これで効かない訳がない!
(しかもあんま考えないで一番上の段に座っちゃったのも命取りw)

そして…
ひと通り仰ぎ終わったロウリュウのお兄さん、爽やかな汗と満面の笑みで
「では、これからおかわりタイムに入らせて頂きまっす!」

Σ(・∀・;)
ちょ…無理無理!ww 私死んじゃうって…ww

お兄さん、どんだけドSなんですか!!(爆)

出ます!出ますよ〜!
お先に失礼しま〜す!(´ε`;)


…ふぅ…

あれ?…って途中退場私だけ?!Σ(・∀・;)

みなさん、どんだけドMなんですか!!ww

(裸で汗だくの男達が密室で繰り広げるハードなSMプレイ…あ、いや、何でもないですw)

「わ〜っしょい…わっしょい……」

みなさん、くれぐれも無理だけはしないで下さいね!

※余談ですが「おかわり」という呼び方、途中で出やすくてナイスです!( ´∀`)b
※ちなみに健康トレーニング(?)系サウナーは「1セット、2セット」、熱風ファイト系サウナーは「ラウンド1、ラウンド2」とか使ってますねw

熱塩風炉(塩サウナ)※オートロウリュウあり!

漬物のごとくカラダに塩を塗り込んで、スチーム全開の部屋の中でじわじわと汗をかく塩サウナ。
時々なめくじのようにカラダが溶けている気分になる時もありますが…シャキッ!とするので私は好きです♪

で、蘭々の湯では毎時ちょうどオートロウリュウも楽しめます!
通常だと上の写真のようにテレビのかかった(なんか心霊写真っぽく写ってますねw)一般的な塩サウナなのですが、時間になると放送ジャックされたかのように画面が切り替わってアナウンスが流れ、照明が落とされて薄暗くなり…

プシュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ……
と、正面のサウナストーンに向かって大量の蒸気が吹きかけられ、前にいる人の顔も見えないぐらいムオンムオンの湯気だらけになります。

まぁロウリュウと言うより、サウナの石を使った濃いめのスチームサウナって感じですね。
これはこれである種のアトラクションっぽくてアリ!(・∀・)

直近訪問時の4月上旬の時点ではちょっと機器が不具合中みたいで音と映像ナシのスチームのみになってました!

時間になっても薄暗くなるだけで しばし沈黙…
そしておもむろに吹き出すスチーム…

なんか時間が長く感じると言うか…やっぱり音と映像って間をもたせるのに大事なんだな、と再認。
ちょっぴり寂しい感じ。

早く直るといいのですが…

洞窟風呂

で、塩サウナの隣には洞窟風呂があります。
とは言え、それほど洞窟洞窟している感じではなく、普通の小綺麗なスパな感じです。
(洞窟風呂と初めて聞くと某ネズミの国みたいなFRP洞窟を想像しますけどねw)
ちなみに実際は写真よりかなり薄暗くて、ある意味若干洞窟っぽいですが。

まぁ寒くならないように外気を遮断した寝ころび湯といったところですね。
ところが!
今はコロナ対策として密を避ける為か、出入口が開けっ放しの状態になっているので結構寒かったです!(苦笑)
ま、仕方ないか。
( ´ー`)

こちらの洞窟風呂、毎月8・9・10日には薬湯(ヤ・ク・トウ)の日という事で薬湯になっています。
香りが程よく充満する感じで なかなかいい感じ♪

ビッグ ザブーン!

何故か公式ページには見当たらない情報なのですが、露天風呂にビッグ ザブーン!あります!
(・∀・)

ザブーン?
はい!あの遊園地のプールとかにある、高い所にある大きな桶にどんどん水が溜まっていって、満タン近くなるとひっくり返って「ザブーン!!」ってなるヤツ!アレね!
私もスーパー銭湯で見るのは初めて!(・∀・)

あれ、傾きかけた時に下にいると、ちょっぴりスリルがあって面白かったりするんですよね!
(それを眺めているのも結構楽しかったりw)

子供や大きな中学生、パリピなんかが大喜びしそうな感じですが…
ここのザブーン池は立入禁止となっております。(・д・)チッ

いや、冬の時期とかに外で冷水ザブーン、下手したら普通に死ねますからねw
死人が出たらエライコッチャ。

あくまで観賞用、というか、ザブーン!によるマイナスイオン効果を狙っているみたいですw
あとは「もう1回ザブーン!見たらお風呂上がろう」というタイマーみたいな使い方も出来なくもないです。

でも…灼熱ロウリュウの後にザブーン!したら…かなり爽快だろうなぁ…(*´ω`*)
オトナの自己責任で…いや、事故って何かあった時の同意書とか書いてもいいから…
ダメ?…ダメ…だよね、やっぱりw

《岩盤温熱&レストラン編》へ!

《基本情報&お風呂施設編》いかがだったでしょうか?

え?
「ちょっと面白いっぽいけど割とフツー」だって?

いやいや、ここの本領は岩盤温熱エリアにあるんです。
特に音と映像のアトラクションのマッピング狼龍(ロウリュウ)とか…
( ̄ー ̄)ニヤリ

という事で、次回《岩盤温熱エリア&レストラン編》へ続きます
(*´∀`)ノ

この記事へのコメント