【てっちゃん】吉田のうどんらしからぬ小洒落た雰囲気のお店!(色んな意味で失礼(笑)(^^ゞ) (山梨県富士吉田市)

北口本宮冨士浅間神社のお隣、お参りついでに寄るのも良さげな立地にある吉田のうどん店「てっちゃん」。

何となくやっちゃった吉田のうどんの「〇〇ちゃん」巡り、3店目です(*´艸`*)

昭和の小洒落た「喫茶店」みたいな

レンガ風の入り口に洋館チックな電灯。
吉田のうどん店らしからぬ、何となく小洒落た店構え。
(…って、色んな意味で失礼ですね(^^ゞ まぁ愛と親しみを込めてあえてw)

暖簾の渡し棒…そこですか!(笑)

おっと!堂々とはためく「ひばりが丘高校うどん部」の幟…
この幟があるお店って色んな意味で個性的と言うか…ツッコミどころのあるお店が多い印象なんですよねぇ…(経験則)。
(「手打ちうどんムサシ」とか、ね(笑))

食べログうどん百名店だったりする「手打ちうどん ムサシ」との決闘記事はコチラ!(笑)⇓

さて!
小洒落た電灯に渡された暖簾をくぐって、いざ店内へ!

店内も小洒落た昭和の喫茶店みたいな雰囲気です。
(「カフェ」じゃなくて「喫茶店」ね

なんか「ナポリタン」とか出てきそう…。

そんな店内の一角には「前世」には無かったであろう、されど吉田のうどん店には欠かせない(?)「小上がり席」?!
この辺をわざわざ作っちゃうあたり、ただならぬこだわりを感じなくもなかったり?(*´艸`*)

まぁいいや。
注文注文、っと。

メニュー

小洒落た制服がキュートなウエイトレスさ〜ん…(*´∀`)ノ

…は、おらず、吉田のうどんでお馴染みの卓上の上に自分で記入するスタイル。( ´ー`)

私は…よし、好みに忠実に冷やし麺の「肉・つけうどん」で!
(*´∀`)ノオネガイシマース

あ、写真メニューなんてあったのね。
どうやらひばりが丘高校の生徒製作らしい。
(ビミョーに写真が間違い探しみたいに似たりよったりなのはご愛嬌(*´艸`*))

店内に響き渡るは不穏なお昼のワイドショー。( ´ー`)
(吉田のうどん店、このパターン多いよなぁ…個人的には無い方が…。まぁ時代劇あたりまでなら雰囲気的にアリなんだけどねw)

お水はセルフ

肉・つけうどん 600円

たっぷりの温かい汁がバイクで冷えたカラダに有り難い(*´ω`*)
(※すっかりアップするの遅くなった春先の訪問記録ですw)
甘めのお味噌汁みたいな優しい感じ。

されど麺は冷してビシッ!と。
はい、この組み合わせ、私好みです。(*´艸`*)

一見「ザ」な吉田のうどんかと思いきや、馬肉ではなく豚肉。
何ともやさしい味付け。

「麺」と「小上がり席(!)」は「ザ・吉田!」な感じなのに豚肉とは…
馬肉が苦手な人へ食べ慣れた豚肉、という店主さんの配慮?

まぁ「吉田うどんはこういうものだ!」みたいな強いこだわりのないお客さんには受け入れやすいかも。

私はこれはこれでキライじゃないので、温かい汁に豚さんブッ込んで「主食のうどん」と「豚汁」みたいな感じでおいしく頂きます。
(…ってすでに「つけうどん」じゃないしw でも個人的にはこの食べ方の方が旨かった)

ごま風味の強い「すりだね」も抜かりナシ。
揚げ玉は…あ、卓上には置いて無くて店員さんに声がけする方式ね。
店員さんは…奥か…。いいや、メンドイw( ´ー`)

ご馳走さまでした〜(*´∀`)ノ

参考情報

公式ホームページ

吉田のうどん「てっちゃん」

トッピング50円分無料クーポン?(・∀・)

アクセス

北口本宮冨士浅間神社のお隣です。

駐車場

有り!

食べログ

てっちゃん (富士山/うどん)
★★★☆☆3.21 ■予算(昼):~¥999

メモ

トイレ:ちょっぴり変わった作り。あ、もちろんキレイですよ。

この記事へのコメント

タイトルとURLをコピーしました