【佐倉天然温泉 澄流(すみれ)】「おもちゃのように遊べる岩盤浴」だって?リニューアルオープン突撃取材!《岩盤浴編》アップしました!(´∀`)ノ ≫

【印度料理シタール】名物ボンベイ風シンガーシュリンプ食ってみた!(千葉県千葉市花見川区)

先日、洗練された印度料理の極み、みたいなカレーに感激してしまった千葉市にあるインド料理の名店「印度料理シタール」

今回は長年続くシタールの逸品という「ボンベイ風シンガーシュリンプ」食べて来ました!

基本情報とか詳しく書いておいた前回の記事はコチラ!

ウエイティングスペースと待ち時間サービス

ウエイティングスペースの様子

今回は遅めのランチで訪問。
お店に入ったところ、ちょうど満席になってしまったようで。
お姉さんにウエイティングスペースに案内してもらいました。

入り口のウエイティングボードに名前を書いたらコチラへ。
メニューを見つつ、先に注文を決めておく感じです。

ウエイティングスペースはこんな感じ。

壁にはシタールの歩んできた歴史のパネル等が展示されています。

サービスのくじ引き

で、今回みたいに待ち時間が発生した時にはくじ引きで何か貰える模様!(・∀・)
これはちょうど満席でラッキー♪かな?

さて!お姉さんの手持ち袋からくじを1枚…

……よしっ!コレだ!!

飴ちゃん当たったぉ!ヽ(´ー`)ノ

わ〜い!待った甲斐があったぜ!ヽ(´ー`)ノ

……( ´ー`)

まぁいいやw
ワクワクをありがとう!

当たった飴ちゃん、店内の物販コーナーで売ってる特製の「黒蜂蜜キャンディ」のようです。
テーブルに置いてある美味しい野生黒蜂蜜で作ったヤツらしい。

(見てると後から引いたお客さんも全員飴ちゃんでしたが…大当たりは一体何でしょうね?引いた方、いらっしゃいましたらコメント等にて教えて頂けると嬉しいですw)

季節のメニュー(秋)

季節のメニューもすっかり秋。

・自家製あらびき肉団子 ラムコフタカレー
・きのこと野菜のコロコロプレート
・シルクロードナン
・マサラチャイアイスクリーム
・秋の香るスパイスソーダ

などなど。
ま、私が撮った写真より公式ページの方がフツーに見やすいので貼っておきますね(笑)

季節のメニュー – ランチタイムも営業中!カレーなら検見川・幕張付近の印度料理|シタール
検見川・幕張エリアのカレーレストラン、印度料理「シタール」です。1981年の創業以来、守り続けた本格派の味は、ファミリーから食通の方まで、ご好評をいただいております。ランチ・ディナー共に営業しておりますのでご来店お待ちしております。

さて、メニューが決まったぐらいの時間でほぼ待たずに席へ。

幕張ブロンドエール(660円)

コチラ、千葉市初のクラフトビール醸造所「幕張ブルワリー」の「幕張ブロンドエール」。

いわゆる地ビール、ですね!

ホームページを公開いたしました。 | MAKUHARI BREWERY
千葉市初のクラフトビール醸造所!身近な豊かさ・幸せを感じるブリューパブ

おつまみはカレー屋らしくパリッパリと香ばしいパパドです。

ボンベイ風シンガーシュリンプ(2,035円)

そして来ました!
ボンベイ風シンガーシュリンプ!(〃∇〃)

ボンベイ風シンガーシュリンプのススメ

「ボンベイ風ジンガーシュリンプ」は
一度食べたら、絶対また食べたくなる
長年続くシタールの逸品です。

まずは見た目!
大きな有頭海老が、ナンを支えてるー!?
なぜ!

「ジンガー」って
ヒンディで「エビ」って意味なんですよね…

「ジンガーシュリンプ」って、
「エビエビ」じゃん!!!!(゚Д゚;≡;゚д゚)

いいんです!
ひとくち食べてみてください。

そりゃもう
「エビエビ」では飽き足らず
「エビエビエビエビエビエビ!」
くらいのエビの香りが口から鼻から
い~っぱいに広がります。

フレッシュなトマトと
濃厚なソース、スパイスの奏でるハーモニー。
お子様でも食べられるマイルドなお味です。

ぜひ一度ご賞味ください。

広報:かわかみ

シタールのホームページより

なんともエビ好きには堪らない宣伝文句です(*´艸`*)
(まぁまんまと釣られた訳ですがw)

ほらっ!エビがナンを支えてるよ〜
ナンと共にテンションも上がるビジュアル。
(*´艸`*)

さて、どうやって食べよう?
まぁご丁寧に別皿が添えてあるのでナンをソチラへ、が正解かな?

とりあえずナンに付いてるカレーを食べると…

おっ!マイルド!クリーミー!
そしてエビエビエビエビエビ…

うん!説明通りのエビっぷり!
ちょうどシタール名物のバターチキンカレーのエビバージョンみたいな感じかな。
エビカレーと言うよりエビクリームシチューに近い感じだけど、スパイス感でやっぱりカレー。

間違いなく美味いヤツ。
辛さは控えめですが、旨みたっぷりなので物足りなさは全くナシ。
カレー好きはもちろん、ここのバターチキン並に老若男女、万人にウケるカレーじゃないかな?コレ。
もちろん私も超好み!

カレーには香ばしい殻付きのエビちゃんの身が食べやすいサイズで入ってます。
頭と殻は噛むと崩れるほどパリッパリ…とまではいきませんのでお好みで。
(私はもちろん全部バリバリと食べましたが。あ、別添えの皿、殻入れだったのかな?)

海老さん、丸ごと食った感満点で大満足。(*´艸`*)

コレ、ハウス食品さんもレトルトで目を付けるシタールを代表する一品、バターチキンに勝るとも劣らない美味さじゃないかな?
とりあえず海老カレー好きさんは是非!

え?「世界で3番めに美味しい海老カレー」
かもね。(*´艸`*)(笑)

※有頭海老を1尾使うからこそ、この量。で、堂々たる単品提供。
もちろん単品でも大満足なのですが、やっぱり同行者とシェアして他のカレーと一緒に味わうと満足度は更に高そうです!
合わせる時はキャラ被るバターチキン以外のスパイシーなのが良さげ

タンドーリランチセット(1,496円)+カレー1種(+500円)

さて、コチラは友人が注文したランチ限定のタンドーリランチセット。
せっかくなのでシェアして楽しませて頂きました♪

カレーは名物のバターチキンにスパイシーなマトンカレーを追加で。
ちょうど私が前回食べたカレーの組み合わせですね!

結構ガッツリなタンドーリチキンとティッカが付いてくるので、かなりアリな組み合わせ!

バターチキンに入ってるチキンで想像していた通り、ここのタンドーリチキン、間違いのない美味さ!

スパイスまみれの超オレンジ色のタンドーリチキンとは一線を画す、備長炭の香ばしい香りを超前面に押し出した一品。
ほどよいスパイス感と高温で一気に焼き上げた表面の香ばしさがチキンの美味さをいい感じに引き出してます!

定番のバターチキンカレーとスパイシーなマトンカレー。

バターチキン、クリーミーで濃厚で変わらぬ美味しさ。(*´ω`*)
…なのですが、ぶっちゃけガチなタンドーリチキン&同系統で強烈なボンベイ風シンガーシュリンプと同時に食べると…さすがにちょっとだけボケる(笑)
ま、それでも間違いなく美味しいですけどね。

マトンはクローブとカルダモンとかがしっっかり効いてる感じのスパイシーさ全開の一品。
辛いのが苦手な方にはチト厳しいかもですが、スパイス好き、マトン好きは間違いなく大満足なマトンマトン、スパイススパイスしたカレーです!


いやぁ…今回も美味かったぜ…(*´∀`*)
また行こっと♪

関連情報

「印度料理シタール」の基本情報などは前回の記事に色々と詳しく書いておきましたので合わせてどうぞ!

今回は簡単に。

詳細情報・前回の記事

アクセス

駐車場

前回の記事に詳しく案内メモ載せておきました!
初めて行く場合、ちょっぴり戸惑うと思うので簡単に予習しておけばバッチリです!

食べログ

カレー百名店The Tabelog Award Bronze 受賞店です!

印度料理シタール (検見川/インドカレー)
★★★☆☆3.88 ■創業1981年。たくさんのお客様に親しまれている「また食べたくなる」味。 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

この記事へのコメント