☆食べログ「Mr.れいぽんの食べ手帳」始めてみました!(*´∀`)ノ ≫

丸亀製麺って…

昔、哀愁漂うヒーロー物(?)の歌で

ああ うどんぐらいしか食べる気がしない

エキセントリック少年ボウイオールスターズ『ああエキセントリック少年ボウイ』より

ってのがありましたが…

そんな気分の時でも優しく受け止めてくれる我らが国民食、うどん。

そして「丸亀製麺」といえば日本全国津々浦々に店舗を構える大型うどんチェーン店。

店舗数はこの記事執筆時点で全国854店舗
うどん店としては日本一の店舗数。全ての都道府県にある感じですね。

チェーン店って、特に大型となるほどに安定感抜群!と言うか…

良く言えば「どこでも同じ物が安定して食べられる」。
悪く言えば「どこも似たような感じで面白みに欠ける」、といった感じ。

特に「食べ歩き」みたいなのをしていると、優先順位としてかなり低くなりがち。
と言うより もはや視野の外。アウトオブ眼中(死語w)。
(いや、普通においしいんですけどねw 普通に)

が、「日本一硬い」と言われる「吉田うどん」とか、ちょっと偏ったものを何軒も食べていると…
「あれ?普通のうどんってどんなんだっけ?」なんてことに。

現に私も丸亀製麺の味の記憶が朧げになってきた気がして…こりゃアカン!
ちょっとここらで原点回帰、と言うか「今の日本の基準点」的な味を求めて丸亀製麺へ!

そしたら意外と…
これはこれで新しい発見でした!( ̄ー ̄)ニヤリ


さて!
思い立ったら吉日、さっそく近くのテキトーな丸亀製麺へ!

この気軽で気楽なノリが大型チェーンの強みだよなぁ…

いつでも そこ〜に〜 丸亀製〜麺〜♪

ん?まぁいいや。


近くのチェーン店探しの最強ツール「ロケスマ」でうどんをポチッとな。

「ロケスマ」Web版はこちら⇓

ロケスマWEB チェーン店検索:商圏分析のための店舗データを提供
無料のチェーン店検索サービス「ロケスマWEB」のページです。お食事処やショッピング、各種サービスのチェーン店の位置を地図上に表示。PC/スマホ/タブレットですぐに利用できます。より快適に動作するアプリ版もあります。商圏分析のための店舗データ販売中。

スマホアプリ版もかなり使いやすいです。

ロケスマ-コンビニ・カフェ・パーキングなどなどをスグ検索! - Apps on Google Play
There are convenience stores, cafes, coin parking, bank ATM, hot springs, road stations, that too. It is a map (map) application that finds Sugo wanting to go!
‎ロケスマ
‎カフェも、コンビニも、コインパーキングも、銀行ATMも、温泉も、道の駅も、行きたいトコがスグ見つかる! スマートフォン累計60万ダウンロード突破! テレビ朝日系「スマホPOLICE」、テレビ東京系「オードリーの神アプリ@新世紀」、日経産業新聞、SonySelectなどメディア紹介多数! ・スタバもセブンも、国内主……

お〜!普段全く意識してなかったけど、近くにも結構ありますね〜(・∀・)

と言うか、あらためて店舗分布図を見るとかなり要所要所に…

見れば見るほどすごく効率的、かつ無駄のない布陣!

こ…これが日本最大うどんチェーンの実力ってヤツか…

えっ?
讃岐うどんの本場、香川県には2店しか無いの?!

しかも丸亀市には無いの?!
総本山の1号店とかあっても良さそうなイメージですが…

競合を避けるため、あえて?
それとも…

ま…まぁいいや。
暑いから車で行ける近くの店舗は、っと…

よし!

あっという間に到着!
行こうと思い立ってから…何分だろ?
出先でサクッと見つかるこの感じも素晴らしい!

入口専用。出口専用。一方通行。
そう言えばこんな感じだった!

最近コロナの影響で一方通行的な導線も増えてきましたが…
以前から変更する必要の無い効率的な導線!

ひょっとして丸亀製麺の設計者って…未来人?
(ヾノ・∀・`)ナイナイ

まぁいいや。

入口前に掲げられたメニュー。

決まってから入店することで注文時の混雑緩和にも効果的なタイミング。
そして通りすがり客へのアピール。

メニューを見ればスペースのサイズ割、バランス、構成、絞り具合、並び順…。

一番出したい「鬼おろし肉ぶっかけ」だけ縦書きでアピールか…。
そしてさり気ない清涼感をアピールする「冷」の風鈴マーク…

あ!一番客単価が低くなりそうな「ざる」と「釜揚げ」、あえてアピール弱くしてありますね。
一番目立つトップメニューをあえて最高額(それでも安いけど)にして全体の割安感を演出…

なんかちょっと意識してみると物凄く戦略的に練り込まれてますな…コレ。

最初は「ざる」で麺の味だけ確認しに店に向かった私。
無意識にメニュー見てたらまんまと「鬼おろし肉ぶっかけ」注文してました。(^^ゞ

上手いな!丸亀製麺!

店内に入るとドドン!と積み上がった小麦粉袋。
おっ!北海道産100%!
ただでさえ自給率の低い国産小麦粉を大型全国チェーンで使用するとは…
国内でのシェア率、めっちゃ高そう…。

って、広い意味での「地産地消」ですね!コレ。
いいじゃん!

そしてこの小麦粉袋自体をアピール媒体として使うアイディア!
バックヤードスペースも不要でオペレーション的にも高効率。
それでいて「製麺所」のブランディングもバッチリ!

上手いな!丸亀製麺!
(気が付けばすっかり「経営戦略視察」みたいな視点になってる私w まぁこういう楽しみ方もアリでしょ(笑))

早速、目の前に現れるレジにてオーダー。
大抵は入店前に決まっているので極めてスムーズ。
迷わず、惑わず。

そして提供も手早く、あっという間。
ベースのうどん、あっさり完成。
回転いいから打ち立て、茹でたて、間違いない。

そこから始まる追加トッピングのレール。

滑らせるだけ。
天ぷらはトングではなく割り箸。
無事故。無違反。
うん、事故りようがない。違反しようがない。
極めて合理的。

「割り箸、ここで取っとかないと途中で使いたくなって戻ると迷惑だし…
どっちみち食べるのに割り箸も使えるから無駄にはならんよね」

さり気なく、そして絶妙にお客さんの人間心理を読んだ配置。
そんな割り箸を手に、下がるトッピング追加への敷居。

トッピングなんか考えてなかったお客さんへも目で、匂いで、ひと通りアピール可能。
揚げたては直接目の前にポンッ!と…。

あれっ?気が付いたら私の盆に海老天が…
全く食べる気無かったけど、揚げたてがポンッ!って出てきたら反射的に飛びついちゃうって…(^^ゞ
まさにリアクションバイト。^^;

そしてレジ。
しっかり電子マネー対応でスピーディー。
流れるようにスムーズ。正しい電子マネーの活用法。

そうそう、僅かな手数料を惜しんで現金主義のお店、結構あるけどレジ前の大渋滞の損失、甘く見てますよね。
(「なんか混んでるからや~めた!」「レジめっちゃ待ったからこのお店、ちょっと億劫、ほか行こ」私、結構あります)

あっ!でも必然的に発生する渋滞時には…トッピングレールの前で待つのか?!
食事前ゆえに腹ペコ。次々と揚がる天ぷら。
…やばい…誘惑で陥落必至…
待ち時間すら無駄にしない、この導線、このシステム。

なんかもう、よく見れば見るほど効率の鬼だな、丸亀製麺…。
(; ・`ω・´)

でも悪い気はしない。押し付けがましくないし。
無理に注文させると言うよりはお客の潜在需要を掘り起こす感じ?
まさに『北風と太陽』の太陽。

う…上手いな、丸亀製麺…^^;

そしてうどんに必須の追加トッピングは精算後のこのタイミング!
各テーブルに置くより圧倒的に効率的なオペレーション!

「天かす入れれば天ぷらは要らんかな」とは言わせないこのラストのタイミング!

「思ったより予算オーバーだったかなぁ」なお客さんは無意識に多めに取ってお得感調整(?)できるこのタイミング!

さらに追い打ち!
「かけうどんのダシ!」

おかわり自由」とか「他のうどんにもかけ放題!!」の文句でお得感をアピール!
精算時に感じた予算オーバー感を完全に上塗りする印象操作!

でもお店は痛くない。なぜなら無料トッピングの単価、安いから!

予算オーバーしてもお得感を感じてしまうこの導線…
まぁ悪い気はしないからWin-Winってヤツか…?

でもしっかり儲ける。
う…上手いな…丸亀製麺。^^;

導線的に全く無駄のないテーブル配置。

サクッと。ゆったり。お好み次第。
店員さんからも見渡しやすくて管理、清掃、消毒、即座にバッチリ!

おっと!なんか効率化の凄さばっかりに気が向かっちゃってるけど…私はうどん食べに来たんだ。
忘れるところだったw

イメージの要である丼ぶりはしっかり。ずっしり。
そしてデザインにも無駄がない。
サイズ感、模様のバランス、縁取り、微妙なカーブと厚さのバランス…。
あくまでメインのうどんを盛るためだけにデザインされた丼ぶり。
完璧。ある種の極み。

そして飾りトッピング不要なデザインの天ぷら皿。
笹模様の入れ方のバランスだけ見たら魯山人の器にも劣らないかも…?

ちょうど中央手前にくるロゴでしっかりアピール。
特注のロゴ入り箸袋も不要ってヤツか?コレ…

そして天ぷらが少ないと「もっとあった方がいいかな」と無意識に感じてしまうお皿のサイズ感。
(私は誘惑に打ち勝って(?)海老天1本だけど…やっぱりビジュアル的に寂しいよねw)

サイズ、バランス、ギリギリ、絶妙。
人間工学に基づいてミリ単位で考えられたサイズ感っぽいですな、コレ。^^;

まぁいいや。

どれどれ…

おっ!大根しっかり鬼おろし!
荒くてザクザク。ピリ辛。スッキリ。夏向き清涼感!
いいじゃん!(・∀・)

肉は…うん、チェーン牛丼屋の肉みたいな感じだな。
玉ねぎの甘み。醤油の辛さ。肉の旨み。
甘辛。悪くない。

そして反射的に欲する七味…

あぁ、ちゃんとあるのね。
しかもオリジナルか!
たぶんコスト重視の自社オリジナルだろうけど…しっかり、ちゃっかり、ブランディング。
もちろん風味も悪くない。

そして肝心の麺は…

ふむ。やっぱりコシの強さは専門店の手打ち、足踏みほどじゃないけど…程よい噛みごたえ、ツルッと感。
うん、悪くないな。

あれ?むしろこの硬さ、と言うか柔らかさ、計算しきった確信犯?
私みたいなコシ、ガッツリの噛みごたえ派からフニャッと柔らかめ派まで、老若男女、誰にでも、それなりに受け入れられそうな絶妙な加減…。

とりあえずうどん食べたい。
安くなら徹底的に安く。
ガッツリ食べたいならガッツリと。
小腹、大腹、どんと来い!
冷たいくヒヤッと。
温かくホッと。

「ああ うどんぐらいしか食べる気がしない」
から
「なんか無性にうどん食いてぇ!!」
まで。

老若男女、どんと来い!

これぞ日本の「ザ・最大公約数的なうどん」

や…やっぱり上手すぎるぞ!丸亀製麺!( •̀ㅁ•́;)

繁盛店には繁盛店の理あり、か。
うん、悪くない。

気軽に気楽に、気が向いたらまた来よう。
次こそ「ざる」に無料基本トッピングでシンプルに…

( ゚д゚)ハッ!
無意識的に次回の事まで考えてるし…
で、来たら来たでトップの「季節限定メニュー」に吸い込まれてるんだろうな…きっと…(^^ゞ

まぁいいや。

ごちそうさまでしたっ!
いろいろと勉強になりやした!
(´∀`)ノ

空いた器とお盆を手に、下げ台、そして出口に向かう私。
これで店舗内、ぐるっと一周。歯車一周。
食事完了。ミッション完了。

あ、そう言えば厨房、丸見え。
店内死角、全くナシ。

店員さん、みんなテキパキ。
見るからに最低限の人数で最大限の仕事量。

お客さんから、従業員仲間から…常に目線があって常に緊張感…。
サボリようが無いな、コレ…。

店員さん心理までしっかり考え尽くされた導線設計、か…。

なんかもう、無駄がない。
無さすぎるくらいに無駄がない。

う…上手すぎるにも程があるぞ…丸亀製麺…^^;

讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺
讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺公式サイト。本格的な讃岐うどんのおいしさを、セルフ形式で。国内すべての店舗で「打ち立て」「茹でたて」をお出ししています。

この記事へのコメント

タイトルとURLをコピーしました