☆食べログ「Mr.れいぽんの食べ手帳」始めてみました!(*´∀`)ノ ≫

【遊食カレー&インド料理 カルマ】インドよりもインドっぽい!日本人による日本人のための本格インドカレー!(茨城県水戸市)

【カルマ】
日本語で言うところの「業(ごう)」
「業を背負う」とかの「業」。

宿命。因果応報。
善因善果。悪因悪果。
こんな感じの意味合いを持つ言葉「カルマ」。

そんな「カルマ」の名を戴くカレー屋さんが水戸にあります。
【遊食カレー&インド料理 カルマ】

何の因果でそんな店名に?
気になるところではありますが…

調べてみると何やら私好みの良さげな気配…(・∀・)
これは是非とも行かなくては…

はい、すっかり「このお店を訪問する!」という「カルマ」を背負ってしまったようです(笑)
(ま、一見すると重暗い言葉の「カルマ」ですが、いい意味で使うのも全然アリ!ですね。本質的に)

そしてビミョーに分かりづらい駐車場に跳ね返されて「ま、今度でもいいか」となること数回、念願かなって遂に訪問!
廻り廻るカルマの輪からの解脱なるか、と思いきや…

今回はそんな「カルマ」のご紹介です♪
(ビミョーに分かりづらかった駐車場の詳細は記事末尾の参考情報に載せておきますね)

お店の様子

「カルマ」外観

「カルマ」の外観はこんな感じ。

何やら親しみを感じるお日さまマーク。
何やら風格を感じつつも中が覗い知れないこの感じ…。
そして「カルマ」の重暗い響き…。
入りやすいのか入りづらいのか判断に迷うところですが…

心配無用!突撃しちゃってダイジョーブです!( ´∀`)b
(ま、私も予備情報ナシでいきなり見つけたとしたらちょっぴり躊躇するかもしれませんが…でも最近は経験積んで慣れたかな。成長したぞ、私(笑))

店内の雰囲気

「いらっしゃいませ〜!そちらのテーブルへどうぞ!」

おっ!お店のお姉さん、日本人。
だけど店内、濃厚インド空間。

調度品やら照明やら壁の塗り方やら音楽やら…インドっぽさ満点!

あれ?でもいわゆるインド人がやってる現地系のインド感とはまた雰囲気が違うような…

言うなら「日本人が思う、インドの素敵な要素を集めて凝縮させた」みたいな。そんな印象。
妙にスタイリッシュなインド空間。インドよりインド。日本人的インド空間。
これはお店の方、かなりのインド好きですね!期待して良さそうです。(*´艸`*)

メニュー

ランチのメニューはこんな感じ。

ランチメニュー

・カレー1品&ライスセット
・カレー2品(各1/2サイズ)セット

そして「限定!スペシャルターリー(インド式定食スタイル)ランチ」

うん、避雷針的にスペシャル直撃!決定。
毎度のパターン。
やっぱり初見のお店は色々食べてみたいよね。

「※数に限りあり」…遅めのランチだけどまだ残ってるかな…

お好みのカレー2品か、さてさて…

うん、なんか燃えてる「南インド風チキンカレー 極辛は決まりだな。
「インド人もビックリ!」なんてベタなキャッチフレーズも付いてるし…(*´艸`*)
極辛、か…((o(´∀`)o))ワクワク

もう1品は…
よし!対極にある「クリーミーチキン マイルド」でギャップを楽しもう(*´艸`*)

あとは直感的に良さげな気がする「HOTチャイ(150円)」付けとこ♪

(*´∀`)ノスミマセーン

えっ?!
南インド風チキンカレー、終わっちゃった?!Σ(・∀・;)

ん〜…じゃ、次点の「キーマ 辛口」でオネガイシマス。

うん、やっぱり人気か…南インド風…
みんな考える事は一緒か?
ま、スペシャルが残ってただけヨシとしますかね。( ´ー`)

ドリンク&デザートメニュー

コチラはドリンク&デザートメニュー。

ホットチャイ頼んだから関係ないかな、って見落としてましたが…
よく見るとデザートに「チャイババ」(チャイで作ったババロア)なんて素敵なモノが…(〃∇〃)(笑)

インド人が決してやらないであろうこの洒落っ気満点のネーミングセンス…好きだなぁ…(*´艸`*)

店内の様子

さて、注文も済んだし、店内の濃厚インド空間に浸るとしますかね。

店内に流れる音楽…現地系でよく流れてるインドポップスとはまた違うインドっぽさ。
ゆったりしたリズムに乗っていると自然とトランス状態に導かれるとか…ソッチ系かな。
うん、いかにもインドにハマった日本人が聞いてそうな音楽。いいじゃん!

店内にお香とか充満しててもおかしくない雰囲気。
だけど、しっかり禁煙。
うん、いいね。
…ってかカレー屋にありがちなスパイスやら何やらの香りが充満してる感じもないな。
空気がスッキリ爽やか!
これ、よっぽど換気しっかりしてるのかな?空気にも清潔感。

ズラッと並んだ、インドワインのボトル。

太陽がいっぱい。

そしてカウンターのこの雰囲気…
絶対、夜のカレー飲みとか最高の雰囲気でしょ、コレ!

このビニールカーテンが外れる日、早く来ないかなぁ…


おっ!私のスペシャルターリー、来たゾ!っと♪

料理提供までの時間はそこそこ経っていたと思うのですが、それを感じさせない体感時間。
妙に居心地のいい店内のお陰かな。
(口コミで「やたら音楽がデカイ」とか「やたら店内が暗い」とか結構ありましたが…この日は全然そんな事なかったです。ま、私はソッチの演出も好きですけどねw)

さてさて…

スペシャル・ターリー(インド式定食スタイル)ランチ 1,260円

ザッツ、インド式のターリー!(〃∇〃)
だけどどこかに滲み出る、現地系とは違う日本人っぽさ。

バランス?繊細感?
よくわかんないけど美味そうだからヨシ!

それでいい。いや、それがいい。(*´艸`*)

キーマ(辛口)

鶏挽き肉の旨みたっぷり。キーマカレー。

一瞬マイルド。旨みしっかり。
だけど後からしっかり押し寄せてくるシャープな辛み。
でもスッキリした辛さ。そんなにヒリヒリしない。しつこくない。

グリーンピースが程よくクッションになって色々と取りまとめてる感じですかね、コレ。
なんかいくらでも食べられそうな気がしてくるな…(*´艸`*)

クリーミーチキン(マイルド)

対してコチラは「女性に大人気!」というクリーミーチキンカレー

お店のメニューの中でも一番辛くないと思われるこのカレー。
口に含むと…物凄くクリーミー!マイルド!
だけど食後感はしつこくなくてスッキリ。クドくない。
そしてしっかりインド感。スパイス感。(辛さじゃなくて香りのスパイス感ね)

あぁ、なるほど。こりゃ大人気も頷けるわ。

インドの家庭パン「チャパティ」。

現地系のお店とはまた違った焼き加減と雰囲気のチャパティ。
全粒粉の滋味深くて素朴な風味、しっかり。
どことなく挽きぐるみの蕎麦粉パンを思わせる食感、ニュアンス。

なんか意識高い系お洒落カフェとかで出てきそうな雰囲気ですね。コレ。
とりあえずカラダに良さそう。いや、間違いなくいいでしょ!

そのまま食べてヨシ!カレーつけてもヨシ!

ライス・タンドリーチキン・アチャール

ライスはタイ米とのブレンドって書いてあったけど…普通に美味しい日本米だったような…

何はともあれ、このカレーにはバスマティライスより日本米
何だろ?微妙なニュアンスの違い?

インド式に混ぜ混ぜカオスで食べるより、カレーとライスでカレーライス、的な。
もちろんカレーはしっかり本格派なんだけど…この相性の違い感、面白いな。

タンドリーチキンはインドよりインドっぽい(?)スパイス感。
決して手加減して寄せてる、とかじゃないけど日本人のスパイス好きが好みそうなスパイス感。
素直に旨し。(*´艸`*)

鮮烈な苦味のゴーヤのアチャールもいいアクセント。

ピリ辛玉ねぎ。リセット。リフレッシュ。
何となくお寿司のガリを連想させるこの感じ。
うん、玉ねぎ君、脇役だけどすごく重要。


ふぅ…美味かったぜ…。(*´∀`*)

ホットチャイ(+150円)

食後の一服、ホットチャイ。
暑い夏こそ、ホットチャイ。
(いや、以前名古屋の「南インド家庭料理 カルナータカー」の店主「チャイはホットだ!」って力説されまして…で、体感して納得して、それ以来ずっとチャイはホット派。温めて冷ます、アーユルベーダの知恵。オススメです☆)

グラス、熱いので上の方を持ってそ〜っと…

あ!これ、単なるチャイじゃなくてマサラチャイですね!
いい感じにブレンドされたスパイスで香り豊か…食後のホッと一息に最高!
(注文前からそんな気がしてました( ̄ー ̄)ニヤリ)

あ、でもコレ、日本人的な健康志向か、ちょっと甘さ控え目だな…
もっと甘くした方が香りが開いて…

いや、お店のこだわりか?この甘さ加減…
となると…

いやいや、入れた方が絶対ウマい…
ここで我慢すると後で悶々と…カルマを背負いそうだ…
よしっ!

「すみませ〜ん、ちょっとお砂糖いいですか…?」

あ!お姉さん快諾!
それどころか親切丁寧に加減調整まで!
この日本人的ホスピタリティ、いいね!

そして甘〜いマサラチャイ、やっぱり美味し!(*´ω`*)

「カルマ」店名の由来

チャイでまったり食後の一服。

気が付けばランチタイムも終了間際。
今まで忙しそうだったお店のお姉さん方にも余裕が生まれるひと時。

常連さんとおぼしき方と弾む会話。
どうやら常連さん、新しくお店をオープンするみたい。
「店名決まってないの?店名は大事よ!」みたいな話してる。

あ、すごくちょうどいい。
気になってたアレ、聞いてみよう。

「このお店、どうして『カルマ』?」

遠い目で過去の体験に思いを馳せるお姉さん。
何でも、インドに行った時に感じた既視感、宿命感、何故だか分からないけど来るべくして来た感。
そんなこんなで「カルマ」。

「ホントは『ダルマ』と迷ったんだけどね…日本でダルマって言ったらアレだから…」

遊食カレー&インド料理 だるま…
あぁ、名前を思い浮かべた瞬間、脳内に高崎のだるま弁当に入ったカレーのビジョンが…(笑)

「人生でそう多くはないけど…そういう気持ちになること、あるでしょ」

うん、なんか分かるかも…。

どこか悟りきったようなお姉さんの表情、妙に説得力がありました。

感想・総評

・日本人の、日本人による、日本人のためのインドカレー屋!

・水戸のカレーの名店…うん。間違いない!

・結構な人気店。オフピーク推奨。時間には余裕を持って。

どうやら私「南インド風チキンカレーを食べる!」というカルマを背負ってしまったようです。
これは再訪決定ですな( ´ー`)

参考情報

アクセス

水戸駅南口からも歩いて10分くらいです。

駐車場

お店の右側に2台分あり!

右側の…

ココ!地面に「カルマ」って書いてあるところ!
(車が停まってると字が隠れちゃう(^^ゞ)

が、結構な人気店なので満車率高し
空いてたらラッキー♪程度で。

「近隣のコインパーキング」は60分200円〜220円ってとこ。
最低でも120分は必要。地味にクヤシイこの小銭w)

食べログ

カルマ (水戸/インド料理)
★★★☆☆3.51 ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

この記事へのコメント

タイトルとURLをコピーしました