【佐倉天然温泉 澄流(すみれ)】和風温泉旅館みたいな雰囲気でプチ旅行気分?リニューアルオープン突撃取材!《温泉・基本施設編》(千葉県佐倉市)


さて!
前回に引き続き、2021年10月23日にリニューアルオープンした「佐倉天然温泉 澄流(すみれ)」の先行取材レポート!
今回は和風温泉旅館のような情緒あふれる館内を紹介する《温泉・基本施設編》です!

毎度ながら1人の利用者目線でのリアルで正直な感想全開でお届けします!
( ̄ー ̄)b

ちなみにリニューアルした施設の様子がよ〜く分かる(?)すみれ公式の紹介動画はこちら!

【公式YouTube動画】佐倉天然温泉澄流リニューアルのご案内

ハリウッド映画の予告編のように壮大な音楽と演出、
それでいて何か起こりそうで何も起こらない感じが何とも素敵でじわじわ笑えます(*´艸`*)
私は結構好きだったり(笑)

館内の雰囲気・入り口から温泉まで

さて、入り口で靴を脱いだら館内へ。

靴箱

靴箱は好きな所を使ってOK!

ブーツなど大きめのものは下段へ。
100円玉なんかは不要です。

靴箱の鍵に付いているバーコードが館内でのお財布代わりになります。
で、帰りにまとめて精算する方式。

受付カウンター

こちらで受付。

利用料金

【入館料】
大人(中学生以上)
平日 850円 土日祝 980円

小人(中学生未満)
平日 500円 土日祝 580円


【岩盤浴】
大人(中学生以上)
岩盤浴着・敷マット付き
500円
※中学生未満は利用不可


【レンタルタオル】
大小セット
260円
(自前のタオル、持ち込みOK)

【支払い方法】
クレジットカードも使えます!

クーポン

ニフティ温泉ぬくぬく~ぽん」の画面提示でタオル付セットから200円〜250円引きになります!

おみやげ売店

受付を済ませたら売店を通って奥へ。

地元の名物を織り交ぜつつ幅広いラインナップ。
なぜかカップラーメンが種類豊富です。(笑)

いざ、温泉へ!

館内は木材を多用した和風温泉旅館のような雰囲気。

温泉に向かう途中、あえて外気の渡り廊下を通る演出もニクイ!

こういう温泉旅館、ありますよね。
ちょっぴり旅行気分♪

冬に雪とか積もっても風情があるんだろうなぁ…

さて!着きました!

温泉の案内図はこんな感じ。

男湯と女湯は左右対称でほぼ似たような感じ。
だったら…

せっかくなので女湯に突撃してみましょう!(*´艸`*)

※今回はリニューアルオープン前の先行取材で撮影させて頂きましたが、普段はここから先は撮影NGです。念のため。

脱衣所

「失礼しま〜す…」
ちょっぴりドキドキしながら進むと…ロッカー前でコートとか脱いでる女性記者。

おっと!
ドギマギしながら思わず引き返す私。

「あ、まだお風呂入るわけじゃないからダイジョーブですよ〜」

あ、いや、分かっちゃいるんですけどね(^^ゞ

脱衣所のロッカーはこんな感じ。

下段がちょっぴり大きめ。
縦長タイプも有り。

もちろん好きな場所を使ってオッケーです。

ドレッシングルーム

女性用ドレッシングルームはこんな感じ。
やっぱり男性用より広めになってますね。

あ!そう言えば南柏すみれで女湯だけにあった高級ドライヤーとかは…

あった!ダイソン!(・∀・)

…って5分100円の別料金かぁ…
コイン式ドライヤー、ちょっぴりレトロなマチ銭湯とか行くとたまに見かけますよね(笑)
久しぶりに遭遇したかも〜(*´艸`*)

…って、このダイソンのドライヤー、結構立派な値段するんですね!(; ・`д・´)

これだけ高いとコイン式にしたくなる気持ち、分かるかも…(^^ゞ


あ、ちなみに…

男湯にはコイン式1人乗りロケット、追加されてました(笑)

さてさて!
お次はお風呂を見てみましょう!

洗い場

洗い場はこんな感じ。
ちゃんと個別に仕切られてるタイプですね。
持ち込みシャンプーとか置いておけるスペースも有り。

でもシャンプーとか、持ち込まなくてもちょっぴりいいヤツ置いてありますね!
まぁお好みで!

ドライサウナ・熱風オートロウリュ

お次はリニューアルでパワーアップしたドライサウナです!

え?どの辺がパワーアップしたかって?

コレです!
サウナストーブ上のオートロウリュの送風機!
これが時間になると…

赤く光って蒸気を含んだ熱風がサウナ内にゴーーーッ!!っと…

これ、温度とか送風機の向きとか、設定次第で結構変わっちゃう感じなのですが、取材に来ていたガチのサウナーさん意見だと結構いい感じとのこと。

まぁガチじゃない私にはちょっぴり熱めの感じでしたが、ここのサウナは上段から下段まで結構な幅があるので自分好みの高さに陣取ればバッチリです!
( ´∀`)b

超軟水の水風呂

で、サウナの後に欠かせない水風呂

こちら、こだわりのハイテク装置(?)を使って超軟水になっているそうです!

なんか能書きが書いてありますが…
ぶっちゃけ、私には違いがイマイチよく分からず…(笑)

ま、普通に気持ちいい温度の水風呂だったのでオッケーです!( ´∀`)b

ちなみにサウナーさん向けの「サウナハット掛け」なんてのもありました。

よもぎ泥塩サウナ

こちらもリニューアルでパワーアップした塩サウナ

中はスチームがモクモクと凄くて写真が取れなかったので公式サイトより画像拝借。

石のタイルが置かれこんな感じ。

もっとも、実際は画像よりずっと年季が入っている感じですが(笑)

で、具体的にはヒーターを入れ替えて湿度と蒸気量がアップしたそうな。

確かに蒸し蒸し感が凄かった気がします。

で、サウナストーンの上の袋の中身はたぶん「よもぎ」。
よもぎ饅頭、蒸してます的な香りが充満。

それに泥パック(顔用)粗塩(全身用)
この相乗効果で健康美へと導かれるそうな。
(塩はたまにヒマラヤ岩塩になったりする、という話も…)

ま、1回ぐらいじゃ健康美効果の程は謎ですが、気分的にさっぱりスッキリするのは間違いないです。
(特に塩!すごくさっぱりするので私は結構好きだったりします)

温泉内風呂

屋内の温泉風呂はこんな感じ。

気泡浴・電気風呂・マッサージ・スーパージェット・座湯

ジャグジー的な内湯、いろいろ。
こちらも水風呂と同じ超軟水を使っているようです。

露天風呂

さて!お次は露天風呂へ!

日差しや雨も安心。
和風温泉らしく竹笠なんかも備えてあります。

(もっとも、素っ裸に竹笠だけとか怪しい者以外の何者でもない気もしますけど…(笑))

岩風呂・くつろぎの湯

こちらが温泉露天風呂!

泉質はこの辺でお馴染みの「褐色しょっぱい系温泉」
※正確には「含よう素-ナトリウム-塩化物強塩泉(高張性・弱アルカリ性・低温泉)」だそうな。

日本の名湯に数えられる有馬温泉にも近い泉質。
ここ、佐倉染井野温泉特に成分が濃いようなお話でした。

夜はライトアップされた竹が何ともいい感じです(*´∀`)

男湯の露天風呂はこんな感じ。
個人的にはテレビが無くてのんびり温泉に浸かれるのがナイス!

BGMは風に揺れる笹のざわめき、夏はセミの声、鳥のさえずり…
ちょっとした温泉旅館よりもいい感じかも、ですね♪

湯上がりに涼めるリラックスチェアも有り。
(個人的には「ちょっとは隠せよ!」ってなりにくい視線動線外の配置もナイス!(笑))

ととのいデッキ

こちらもリニューアルオープンのこだわりのひとつ、「屋久島地杉」を使ったウッドデッキだそうです。

なんでも
“一般的な杉に比べ、誘眠作用が実証されているセロドールなどの芳香成分が約20倍含有されていることから、安眠や睡眠効率を高めたり、気分を落ち着かせる効果が期待できるとされている”
そうです。

ま、オープンな野外でどこまで、いつまで効果があるかは謎な気もしますが、ほんのり木の香りで気分がいいのは確か。
(もっとも、竹林の香りと音だけでもリラックス効果とかありそうですけどね)

女湯のととのいデッキはこんな感じ。
奥の方にもあって、視線を避けたちょっぴり隠れ家っぽい配置だったり。

男湯のととのいデッキはこんな感じ。

ねころび湯

ととのいデッキの隣には寝ころび湯もあります。

高濃度炭酸泉

あとは通称「ラムネの湯」とも呼ばれる高濃度炭酸泉、あります。

すごく血行が良くなるらしいので温泉と合わせてお好みで。
(ちなみにコチラは温泉ではなく例の超軟水の沸かし湯)

温泉と比べるとぬるめでのんびり、ゆったりと入れる温度でした。

ぶくぶくぶく…っと、炭酸が湧いてます。

ラウンジ

さてさて、お風呂上がりはちょっとのんびり。
リニューアルしたラウンジスペース、あります。

以前は床屋さんが入っていたスペースがちょっぴりオシャレな休憩スペースになっていました。

さり気なく壁に配置されたコンセント、充電もバッチリ!ですね!
湯上がりの待ち合わせ場所にも良さげ。

目の前の食事処の売店では すみれ特製のソフトクリームも売ってます!
もちろんラウンジスペースは飲食OK!

湯上がりの甘〜い誘惑…上手い配置ですね(笑)

ちなみに岩盤浴施設内の…

入って右側にあるリクライニングチェアのスペース。

こちらも温泉だけの利用でも使えます!

その気になれば1日中のんびり出来ますね!(*´∀`)
(もっとも1日のんびりするなら+500円で岩盤浴セットにするのがオススメですけどね)

癒処華美ーHANABIー

こちらはリニューアルしたリラクゼーションスペース「癒処華美ーHANABIー」。
ボディケア、フットケア、ツボ押し、アカスリなどなど。

お庭も見えてリラックス出来そうなスペース。

予約は入り口の端末でも可能。
試しに操作してみましたが、ラーメン屋のハイテク食券機で苦戦しがちな私でも簡単に予約出来る感じでした!(笑)

10月23日〜11月21日まではオープン特別価格だそうです!(・∀・)

関連記事

さて、今回の《温泉・基本施設編》はこんな感じです。

和風温泉旅館みたいないい感じ、少しは伝わりましたでしょうか?

+500円で楽しめる「おもちゃのように楽しめる岩盤浴」の利用レポートはこちら!

次回、遠野式(らしい)バケツジンギスカンが楽しめる《食事処・旬菜亭編》をお送りしま〜す。
(*´∀`)ノ

「佐倉天然温泉 澄流(すみれ)」の基本情報

参考になりそうな情報、サクッとまとめて貼っておきますね。

公式ページ

とりあえずホームページだけ見とけば基本情報はバッチリ!

最新情報はSNS各種をチェック!

ホームページ

佐倉天然温泉 澄流(すみれ)公式ページ

facebook

佐倉天然温泉 澄流(すみれ)

Twitter

佐倉天然温泉澄流@sumireonsen

Instagram

佐倉天然温泉 澄流(すみれ)

アクセス

駐車場

有り!たっぷり!無料!

姉妹店の記事

【佐倉天然温泉 澄流(すみれ)】の姉妹店【南柏天然温泉すみれ】のオープン突撃記事もあります(*´艸`*)

この記事へのコメント