【ピッツェリア コゾー】連ドラ『ひよっこ』の舞台!奥茨城村でワイルドすぎる本格(?)薪焼きナポリピッツァ体験!(茨城県久慈郡大子町)

NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』の舞台、「奥茨城村」

一応は架空の奥茨城村ですが、モデル&ロケ地は茨城県北部の奥久慈とも呼ばれる地域一帯。
日本三大名瀑のひとつに数えられる「袋田の滝」や日本最大級100mバンジージャンプが名物の「竜神大吊橋」なんかが有名どころですね。
(※日本三大名瀑は例によって諸説ありw)

グルメさんには地鶏の「奥久慈しゃも」「常陸秋そば」でもお馴染みの「奥茨城村」

今回はそんな奥茨城村で評判の薪窯焼きピッツァのお店【ピッツェリア コゾー】に行ってみた体験談です。
(なんか今回、ちょっと勿体ぶって書いてますが「なんか美味そうなピッツェリアあるからとりあえず入ってみた!」という いつものノリですw)

「ピザまで3m」

いざ!突撃っ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

『ひよっこ』、なんか有名だから触れてみましたが…実は私、まだ観たこと無かったり。

ざっくり最初の方のあらすじチラ見たらこの歌が脳内再生されたんですが…
『ひよっこ』のテーマソング?

えっ?違う?
それっぽいんだけどなぁ…色々と…。

コゾー?

「PIZZERIA KOZO」
「ピッツェリア コゾー」…

コゾーって…小僧だよな?やっぱり。

ピザ小僧…。
ん?ひざ小僧に掛けたシャレか?

「『ピザ』って10回言って!」

「えっ?ピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザピザ!」

(指差しつつ)「ここは?」

「ヒザ!」

「残念〜!ヒジでした〜」(*´艸`*)

「10回クイズ」、よく引っかかったっけなぁ…
って関係ないかw

さて…

お店の雰囲気

「ピザまで3m」の看板に偽りナシ!
…なのかは諸説ありますが…看板からお店、すぐです。

国道沿いだけど いい感じに整えられたテラス席。
外が気持ちいい季節とか紅葉シーズンとか良さげ♪

店頭メニュー看板はこんな感じ。

とりあえずピッツェリアの価格帯基準チェック!
定番マルゲリータは…1,300円。
あ、税込みだと1,430円ね。
これはしっかり美味いピッツァを期待して入る価格帯、ですね。

ま、薪窯のお店でハズレってほぼ無いよな!(私なりの経験則)
入ってみましょ!

「いらっしゃいませ〜!カウンター席でよろしいですか?どうぞ!」

おっ!ガチな薪窯!
めっちゃいい感じに燃えてますね!(・∀・)

…ってかお店の人、ヘアスタイル(?)が小僧…。
なるほど…。

ん?
でも小僧と言うよりは…住職っぽくね?

「ピザ住職」
「ピッツェリア ジューショク」


いやいや、KOZOのまんまでお願いします!w
(;´∀`)

ん?だるまの後ろの本…『ヒップホップ家系図』…?
チェケラ!(σ≧∀≦)σ(笑)
(BGMはセンス良さげなレゲエでしたw)

なかなかシャレたセンスが滲み出てる店内。(*´艸`*)

あぶない バット使用禁止

うん、今日は持ってないからダイジョーブ!( ´∀`)b

あっ!なんか幸福の木に豚さんが!
誰だ!豚さん、おだてたの!(笑)

ふと見上げればオニヤンマ。

そうそう、あいつ、ホバリングするんだよなぁ…
昔、部屋に入ってきた時とかめっちゃテンション上がったっけな…(*´∀`)

おっと、浸ってる場合じゃない。
それより今はピッツァだ!

メニュー

「ランチセットは平日のみになってま〜す」

一応聞いてみたけど…まぁそうよね。
素直にグランドメニューから…

こだわり系ピッツェリア御用達の水牛モッツァレラ。

“その他のピザも+500円で水牛モッツァレラに変更出来ます”

ふむ、まぁ間違いないとは思うけど初見は素直にレギュラーのモッツァレラでいいかな。

店を知るなら基本メニュー。
ソムリエ知るならハウスワイン、ってね!

おっ!「地元食材のピザ」!(・∀・)

「奥久慈しゃもと長ネギ」(しゃもネギ)
「常陸牛のボロネーゼ」

これ、間違いようの無いヤツ!
絶対美味いっしょ!

が、私が惹かれたのは
「大子産葉わさびの醤油漬けと生ゆば」

「しゃもネギ」や「ボロネーゼ」と違って想像つくようなつかないような…
いや、何とな〜く想像はつくんだけど難しそうで、その辺をどう落とし込んで来るのか気になっちゃって…(*´艸`*)

「世界でここだけ オリジナルPizza」と銘打って、しかも地元食材のトップメニュー。
ある意味「名刺代わり」的なピッツァですよね!(*´艸`*)

あ、もうひとつ「当店オリジナル」はあるのですが…
「凍みこんにゃくと しゃもの玉子のビスマルク」

今となっては希少で貴重な大子町特産の凍みこんにゃく。
食感とか風味とか独特で私も好きですが…
何だかんだ言ってもやっぱり こんにゃく。ぷるぷる。

その「こんにゃく&玉子」でタッグを組んで…
絶対王者である「奥久慈しゃも」「常陸牛」同価格で挑む!!
これって結構冒険じゃないですか?色んな意味で…

いや、アンチョビ&にんにくでソテーとか…美味しいだろうとは思うのですが…
万一不完全燃焼だった時「やっぱり奥久慈しゃもか常陸牛にしときゃ良かった〜(;´Д`)」感が半端無さそうな…(笑)

それでも身銭を切って自腹でこんにゃくに挑んだ「勇者」さま。
いらっしゃいましたらコメントでのご一報、お待ちしております。(笑)

おっと、ついつい長くなっちまった…(^^ゞ

他のメニューはこんな感じです。

自家製サルシッチャのピッツァ。
店内随所に独特のセンスとこだわりが滲み出てる店主さんですから、サルシッチャにも強いこだわりがありそうな予感がします。

もちろん定番のピッツァもあります。
「通(もしくは審査員)」の好むのはシンプルの極みの「マルゲリータ」とか「マリナーラ」ですね。

ドリンクメニューはこんな感じ。

ん?シェケラート?
チェケラッチョ!(σ≧∀≦)σ(笑)
(コーヒー系、しっかり美味しいのが飲めると見た!)

さてさて…

地元食材のピザ:大子産葉わさびの醤油漬けと生ゆば(1,870円)

なんか凄いのキタ!!(゚∀゚)キタコレ!!

半端なくワイルドなツラ構え!!
来た瞬間、勢いのある陶芸作家の窯変、自然釉ガンガンの大皿を連想しました!w

いや、確かにそういう陶芸作品とか好みだけど…ピッツァでは初体験!(*´艸`*)

ってか目の前にあるだけで香ばしい香りがスゴい!
さすが薪窯!ってヤツですかね!
薪を燃やした時の煙の香りがふわ~っと…

え?それって単なる焦げのニオイじゃないかって?!
いやいやいやいや…(苦笑。焦げだけにw)

ま、「ピッツァは熱いうちに食え!」だ!
(*´∀`)イタダキマース♪

うむ!
生地、やっぱり香ばしさ半端ないな、コレ!
いや、フツーに焦げすぎの部分は苦いので、さすがの私もちょっとコゲ除きましたよw

たぶん程よい焼き加減だったらもっちもちのナポリピッツァ!
…なんだろうけど…
ここまで焼くと もちもち通り越して厚焼き半生煎餅化するのね。

いや、ナポリピッツァの審査基準に当てはめるとアレだけど…私はこれはこれでキライじゃないですよ。
(*´艸`*)

とろっ!とモッツァレラチーズ。
なんだよ!水牛にアップグレードしなくても十分すぎるほど美味いチーズじゃんか!(〃∇〃)
スタンダードでこのチーズ感と風味…満足度高し。(*´ω`*)

そしてこの細かいのが「大子産葉わさびの醤油漬け」
道の駅とかで瓶詰めになって売られてたりする特産品のアレね。

わさびとは言ってもツーンと辛い系じゃなくて、爽やかな風味の薬味山菜的な。
ご飯のお供。
同じ炭水化物、ピッツァに合わない訳がない!

食べてみた感想としては…
「ご飯に葉わさびの醤油漬け」を乗っけた感じとは全然違くて…
「ピッツァに葉わさびの醤油漬け」を乗っけた感じ、かな。

え?そのまんまだって?
その通り!(笑)

そしてコチラが特産品の「生ゆば」
お隣のゆば壱のヤツ。
銀座の茨城のアンテナショップでも見かけたことのある一品。
繊細な豆乳風味、美味しい生湯葉です。

ピッツァに乗せると…

良く言えば
“生ゆばとモッツァレラは食感も近くて、こんなに相性が良い食材だとは思いませんでした。”
なんですが…

私の素直な感想だと
「お〜い!生ゆば!どこさいった?隠れてないで出て来〜い!!」
って感じ。

いや、想像以上にモッツァレラチーズが旨すぎて…
飲み込まれていると言うか食われていると言うか…そんな感じ。

これならいっそ、モッツァレラを大幅に取り去って生ゆば前面プッシュで…いや、それはそれで色々と難しいか…。

ま、ピッツァの土台である生地と旨いモッツァレラ、それに香ばしさと熱々加減で十分満足な1枚でしたけどね!

ピザ住職!
ご馳走さまでした〜(*´∀`)ノ

今回のワイルドすぎる焼き加減、ちょっと気になってネットで調べてみましたが…

どうやら同じお店で出してるピッツァ画像の中で過去最高とも思えるワイルドっぷりだったようで…
他の人の画像を見る限り「ザ・ナポリピッツァ」みたいな焼き加減で見るからにもちもちして美味そう…(*´ω`*)

どうやら私、ある意味大当たりを引き当ててしまったようです(笑)
(私の生来の引き?よくあるんだよなぁ…色んなレアケース引き当て…)

そんな訳なので「通常は」もっちもちの本格ナポリピッツァを期待していいお店と思われます。

(素材やら何やら、ベースが凄くいいのは感じましたからね。次行ったら平日ランチセットでマルゲリータあたり、食ってみるか( ̄ー ̄)ニヤリ)

参考情報

営業情報など

最新の営業情報や完売情報などはfacebookにて告知しているようです。

facebook

Pizzeria KOZŌ@pizzeriakozo

アクセス

国道118号線を走っていると目に付くのですぐに分かるはずです。

周辺観光地情報

記事中でも触れた「袋田の滝」「竜神大吊橋」を含むほとんどの観光地は茨城県の緊急事態宣言により臨時休業となってます。

ま、今はいいとこドライブコース、ですね。
( ´ー`)フゥー...
道が快適でちょうどいいのか、休日にはバイク乗りさんが多い道です。

食べログ

ピッツェリア コゾー (袋田/ピザ)
★★★☆☆3.40 ■予算(昼):¥1,000~¥1,999

関連記事シェア

この記事、私のブログじゃないけどある意味面白いのでシェアしておきます。

何が面白いって?

いや、同じお店経験豊富な食べ歩きのスペシャリストさんが「取材で」書くとこんな感じになるのね、みたいな。

わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店 - メシコレ(mecicolle)
メシコレキュレーターJaffaさんの記事「わざわざ行く価値あり!地元食材を使った本格ナポリピッツァが旨い店」です。

私の記事と読み比べてみると色々と面白いかも…?(*´艸`*)

合わせて偏り補正で参考になるかと。( ´∀`)b

この記事へのコメント